睡眠時は無意識であるため、決め手となるものはありませんが、普段から、食いしばりに注意していれば、無意識下においても、ある程度は防ぐことはできます。

意識下のトレーニングは無意識下に少しずつ入っていくというわけです。

あと、就寝時の頭の向きもいつも、左右側どちらかに偏っている場合は、それを改善するようにしてください。

だいたいに場合、下にしているほうの歯を強く食いしばってしまい、しかも、頭の重さもかかってきますので、歯も、 歯ぐきも、顎関節も弱ってきます。

眠る前に歯ぎしり、食いしばり注意と自己暗示をかけるのも一つの方法です。

歯ぎしり、食いしばり

▲歯ぎしり、食いしばりのTOPへ