Oー157などの食中毒やインフルエンザの流行など、身近な感染症は少なくありません。

したがって、帰宅時のうがい、手洗い、人が多く集まる場所でのマスクの着用が大切です。ただし、過度の清潔は問題があるようです。

最近は「抗菌グッズ」も流行していて、潔癖症の方が増えているそうですが、東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎氏は講演会のなかで

「バイ菌を大切にすることです。風邪の原因の95%はウイルスによるものです。抗生物質は効かないわけです。風邪で医者に行くと抗生物質を出しますが、これは風邪のウイルスには効きません。かえってお腹を守っている腸内細菌を殺してしまっているのです。普段からイソジンを使うとだめです。イソジンでうがいすると喉を守っている細菌もいっしょに殺してしまうからです。」

と話されています。

▲歯周病の予防についてのTOPへ