抗酸化体質とは、老化しにくい体質ということです

私たちは呼吸し生きていますが、呼吸により取りこんだ酸素がエネルギーを産生する過程で、活性酸素が発生します。そして、この活性酸素により、体が酸化し老化していくのです。

老化は生き物である限り、避けることは出来ませんが、そのスピードは緩めることができます。ビタミンCなどは酸化を止める作用がありますが、これを抗酸化といい、これら抗酸化物質を多く摂ることにより、抗酸化体質をつくることができます。

歯周病予防に抗酸化体質をつくる食事は大切です。

1万年前の身体に近い状態で自然にふれあって生活すると、免疫力は高まるといわれています。また、穀類、野菜類、果物類などは積極的に食べることで腸内細菌の餌になり、やはり免疫力を高めます。

▲歯周病の予防についてのTOPへ